Top > 株についてと初心者向きの取引とは

株についてと初心者向きの取引とは

 

株を初心者で始めるなら、先ずは「株とは何だろう」という事から知っていきましょう。株は株式、つまり株式会が発行している有価証券で、株購入者は資金と引き換えに株を保有し、企業は資金を調達する為に株を発行しています。

初心者であると株の仕組みはとても複雑に映るでしょう。基本は企業の資金調達と株保有者が得られる配当金を目的にしています。これは株のインカムゲインといわれています。しかし、初心者でインカムゲインを狙う方はそう多くないのが現状のようです。株で儲ける=株売買で利益を出すと捉えられているのが最近の株の特徴となっていて、初心者なら株の保有によるメリットよりも売買から得られる差益に注目が集まっている事が伺えます。

売買差額で利益を出すのをキャピタルゲインという言葉で表しますが、株初心者向けの情報雑誌や株関連サイトでも、キャピタルゲインの効果的な狙い方の特集が良く組まれていますから、現在の主流はキャピタルゲインだとされています。株本来の姿からは少々離れますが、初心者でも大きな儲けが期待できるのもキャピタルゲインであり、取引が難しくも面白い要因となっています。

初心者なら手頃に購入できる株を選んで株の世界に飛び込んでみると、その醍醐味が理解できるでしょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
株についてと初心者向きの取引とは(2009年8月 3日)
初心者に考えて貰いたい株の楽しみ方(2009年8月 3日)
証券会社のタイプと株初心者向けの選び方(2009年8月 3日)
株初心者の資金額(2009年8月 3日)
株初心者の銘柄選び(2009年8月 3日)